古民家再生


改修前 外観

改修後 外観



江戸末期頃の長屋建て住居

明治~昭和にかけて何度も現代風に改修

された痕跡のある住宅です。

つし二階のサッシ窓は少し屋内側に移動し

外観は虫籠窓(むしこまど)になっています。

1階部分はこの地域に残る過去の資料をもとに

再現し、連子格子(れんじこうし)、ささら子下見板

銅製の雨樋、鮟鱇(あんこう)に仕上げています。



茶室水屋



香芝市K様邸古民家再生工事

はなれ工事途中

ギャラリー


解体中

LDK


造作対面キッチン

リユース建具

ギャラリー



香芝市Y様邸古民家リフォーム







扇垂木玄関化粧野地

       施工前

解体前

                   施工後

LDK


改修前

リユース建具玄関


改修前キッチン

改修後対面キッチン


シロアリによる蟻害

根継ぎ補強


玄関ホール

洗面 ケヤキカウンター



香芝市K様邸古民家リフォーム

井戸土間(施主様施工)

外壁トタンを杉焼板へ張り替え


玄関ホール

はなれ外観


はなれ外観

主屋トタンから杉焼板へ張替


屋根改修前

屋根改修後